ZANG TUMMM TUMB ARTICLES “the first draft of history”

もうF.G.T.Hの色物ダンサーだなんて言わせない!

ポール・ラサフォード

バナナラマのバーティに出席したポール。

あのフランキー・ゴーズ・トウ・ハリウッドて強烈なーを放っていたポール・ラサフォードが、アシッド・ハウス・???シック全盛のロンドンのミューシック・シーンに帰ってきた。

フランキー解散の1番の理由は、・?戈的トラブルと、メンバーそれぞれの自??示欲が引き金だった。「いきなり大ヒットを出してしまったから、みんな欲にかられていたのさ。一緒にアルバムを作ってもツアーに出ても、かえってお互いのストレスがたまるばかり。ホリーなんて、レコーディングの時、ヒ。ッタリ9時から5時まて、しか仕事しないんだ。ツアー中もメンバーは別々のホテルに泊まっていたしね、ひどいだろ」

今回のポールのバック・アップには強力な助つ人がある、そうあのABCだ。彼らと作ったアシッド・ハウスのデモ・テープがレコード会社に気に入られて、ソロ契約を結ぶ事になった。「彼らとの仕事はとてもオープンにて、きた。俺が曲を書いて彼らがアレンジする。俺は今まて、自分カ欠えるとは思ってなかったけど、彼らが-君ならてきる”ってアドヴァイスしてくれたんだ」

4月にリリースされる予定のソロ・デビュー・アルバムは、アシッド・ハウス一色て、はなく、ヨーロピアン・フィーリング溢れるフラック・ダンス・ミューシックに仕上げたいという。今ポールは自分て、音楽を創作する事を楽しんてるようだ。

ZTTとの裁判に勝って、ようやくソロ。テビュー/

ホリー・ジョンソン

レコードを出すのは、フランキー時代から2年振り。

あのフランキー・ゴーズ・トウ・ハリウッド(覚えてる?)のリード・ヴォーカリストだったホリー・ジョンソンが、ようやくソロ・デビューを果たした。デビュー・シングルは”ラヴ・トレイン。これはもちろんホリーのオリジナル曲。ペット・ショップ・ポーイズやニュー・オーダーなどて、有名なスティ担当している。

ひと足先にーヴン・ヘイグがミックスをポール・ラサフォードがソロ・デビューしているが、ホリーの88年のベスト・ソングが、このポールのシングルだったんだって(なんか嫌味つばいなあ)。て、もホリーの方は、ポールと違ってアシッド・ハウス・サウンドにはそれほど入れ込んて、ないらしい。アルバムには、な、な、なんとクイーンのプライアン・メイがギターて、参加しているというからすごいの間に友情を深めたのだろうか・・

古巣のZTTレー2レとの裁判に晴れて勝訴し、MCAレーベルからソロ・デビューを果たしたホリー。彼はソロ・アルバムのレコーディンク・終了後、アメリカからロンドンへ戻り、夏からスタートする予定のソロ・ツアーのリハーサノレに入る。日本に来る可能性はあるかな?

フランキー時代の大ブームが、今度はソロて、復活するか?今年はホリーにとって勝負の年になりそう。巳年にあやかって、長~い成功を収めるよう祈ってるよ。